本文へスキップ

San-in Philharmonic Orchestra

プロフィールprofile

山陰フィルハーモニー管弦楽団について

1973年4月、山陰で初めてのアマチュアオーケストラとして発足。

約100名の団員は、島根県、鳥取県と広範囲に及び、毎週土曜日に松江市に集まって練習しています。
これまでに、松江市を中心とした定期演奏会47回をはじめ、ゴールドブレンドコンサート9回、オペラ「椿姫」公演などのトヨタコミュニティコンサート9回、島根音楽祭2回のほか、プラバホール開館記念「第九演奏会」、同20周年「第九演奏会」、グラントワ開館記念演奏会、同開館10周年記念の県民・第九演奏会出演など、行政や企業・団体の支援により石見、隠岐など県内各地や学校、刑務所へも出かけて演奏会を行っています。
2013年2月には創立40周年記念第40回定期演奏会でマーラー作曲の交響曲第2番「復活」を演奏しました。

そのほか、毎年各県持ち回りで開催される全国アマチュアオーケストラフェスティバルや国民文化祭オーケストラの祭典にもメンバー数名が参加。公民館など地域での小アンサンブルも毎年行っています。また、1988年からは山陰フィル・ジュニアオーケストラを独自に創設し、青少年のオーケストラ活動にも取り組んでいます。

1991年に第1回島根県文化奨励賞、1993年には地域文化功労者文部大臣表彰を受賞。
島根県文化団体連合会理事。

山陰フィルハーモニー管弦楽団

inserted by FC2 system